あのニュースのせいで怯えている人をなんとかしてあげたい件

巷を賑わす様々なニュース。庶民の興味を引いて止まない非日常がそこには存在する。世の賢者達はこう言った。ニュースの陰にはニュースあり。ニュースに怯える者が1人いたら30人いると思え。それでは早速いってみる。

喫煙シーン問題のせいで怯えている人

ジブリ映画『風立ちぬ』は観客動員810万人突破の大ヒット映画である。ところが、公開当初喫煙シーンが多いと禁煙団体から指摘があった。しかし『風立ちぬ』よりも喫煙率が高い作品がある。それは宇崎竜童ボーカルのバンドが歌う『スモーキン・ブギ』。全編タバコの事しか歌っていない純度100%の喫煙ソング。この曲を作った宇崎竜童に抗議がきていないかとても心配である。

壇蜜 スクール水着始球式のせいで怯えている人

2013年8月11日に開催されたプロ野球、ヤクルトvsDeNA戦においてタレントの壇蜜がスクール水着で始球式を行った所、プロ野球ファンからセクシー過ぎると苦情が寄せられた。しかし、壇蜜よりもやらかした人がいる。それがセクシーソング『いやんばか~ん』を歌っていた林家木久扇。このとんでもない歌が日曜日の国民的長寿番組で流れていたのである。林家木久扇はクレームに怯えているのではないだろうか。

「はだしのゲン」閲覧制限のせいで怯えている人

漫画『はだしのゲン』の閲覧制限騒動。様々な意見が交わされた結果、閲覧制限は解除された。だが、このはだしのゲンと時を同じくして閲覧制限状態に陥った映像があった。それが坂口憲二のプロレス試合映像。プロレス専門誌によると2013年8月にプロレス団体DDTの両国国技館大会で俳優の坂口憲二が総合格闘家である兄・坂口征夫と共にリングにあがった。父はご存知、世界の荒鷲プロレスラーの坂口征二。坂口憲二は父の得意技であるアトミックドロップや打点の高いドロップキックを披露し観客の度肝を抜いた。しかしこの試合映像はCSを除き地上波のどのテレビ局でも放送されなかった。坂口憲二のリング上の勇姿は見たくても見れない閲覧制限状態である。しかし、実際は後日某地上波でのテレビ放送が決まっていた。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ