マツコにとれたて『新じゃが』を食べさせてあげたい件

今回のメニューは『新じゃが』。

通常じゃがいもは収穫した後、数ヶ月寝かせてから流通するものがほとんどだが、新じゃがは収穫後すぐに出荷する為、皮が薄くみずみずしい。最高に美味しい新じゃがを求め向かったのは北海道に次いで全国2位の生産量を誇る長崎県の雲仙市小浜町。

アイユタカは長崎独自のじゃがいもの品質で、しっとりとした肉質と柔らかな食感が特徴的。えぐ味がない為、生でも食せるという。

今回はとれたてのじゃがいも料理を追求している料理研究家・村上祥子さん協力のもと新じゃがを様々な調理法で味わう。

まずは素材の旨味を活かしたじゃがバター。その他にも蒸かしたじゃがいもに温泉卵やアンチョビ、鮭を合わせたものもオススメ。味付けは塩の他にもめんつゆがオススメ。

次の料理はポテトチップス新じゃがで作るポテトチップスは非常に美味しい。スライスしたじゃがいもを油で二度揚げする。二度揚げする事で、デンプンの旨味を非常に活かす事が出来る。更にこのポテトチップスをディップするソースを用意するのもオススメ。番組で紹介されたのはバジル、カレー風味サワークリーム、明太子マヨネーズ、チョコレート、ココナッツオイル。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ