普段使っているのに読めない漢字を調査した件

普段、我々が口に出して使っている言葉でも、漢字にされると読めないものが色々ある。

弁える

例えば『弁える』。この読み方の正解は『わきまえる』。『弁』という文字の意味には区別する、道理に従って処理するというものがあり、この漢字が使われている。

強か

続いては『強か』。この読み方の正解は『したたか』。

強ち

一方、『強』という漢字を使った『強ち』。この読み方の正解は『あながち』。

唆す

続いては『唆す』。この読み方の正解は『そそのかす』。

蕩ける

続いては『蕩ける』。この読み方の正解は『とろける』。

悍ましい

続いては『悍ましい』。この読み方の正解は『おぞましい』。いかにも嫌な感じがして、ぞっとする事を意味する。

穿る

続いては『穿る』。この漢字、見た目通り、牙で穴を掘るという意味を持っている。よってこの漢字の読み方の正解は『ほじる』。

動物編

まずは『』。この漢字の正解は『イタチ』。漢字の右部分は深い穴を表し、深い穴に住むイタチを表している。

小熊猫

最後は『小熊猫』。この漢字の正解は『レッサーパンダ』。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ