ご当地都市伝説を調査した件

我々が暮らす国日本では各地域にまことしやかに語られているいわゆる都市伝説が色々ある。今回はそんなご当地都市伝説を調査した。

京都府・京都市 京都のタクシーは夜「深泥池まで」と言う客を断る

京都府・京都市の街外れににある深泥池(みぞろがいけ)は幽霊・人魂が多数目撃されているという心霊スポットで、タクシーにまつわるエピソードがある。とある夜、市街地でタクシーに乗せた女が「深泥池まで」と言うので「何故こんな時間に深泥池?」とドライバーは思いつつも車を走らせた。しかし、深泥池に着き後ろを振り向くと、女の姿はなく、ただシートがびっしょりと濡れていたという。以来、京都のタクシードライバーは夜「深泥池まで」と言う客を断るという噂。果たして本当なのか嘘なのか実際に試してみると、断るどころか食い気味にOKしてくれた。

新潟県 田中角栄の目白邸から新潟邸までは3回曲がるだけで着く

昭和を代表する大物政治家であり第64代・65代内閣総理大臣の田中角栄。総理大臣になり、日本中に高速道路を作らせた時、東京から実家のある新潟までの道をまるで我が道のごとく、里帰りし易く造ったという都市伝説がある。実際に何回曲がるか調査してみると、目白通りで1回と、高速に乗り、新潟で降りて2回曲がり、本当に合計3回曲がるだけで目白邸から新潟邸に到着した。

愛知県・名古屋市 名古屋の中学生 修学旅行でディズニーランド出入り禁止

それはかつて、修学旅行でディズニーランドを訪れた名古屋のある中学生がふざけてミッキーマウスを池に落とすという事件が発生。それ以来、名古屋市内の中学校はディズニーランドに行けなくなったという噂。実際に名古屋市民に聞いてみると、皆、この都市伝説については知っているものの、普通に修学旅行でディズニーランドに行っていた。名古屋市の教育委員会に確認してみると昨年は104校が関東、4校が関西に、そして何故か1校だけ富山に行った。そして関東に行った学校の多くはディズニーランドにも行っている。ならば何故、このような都市伝説は生まれたのだろうか。すると、実際に過去にディズニーランドで悪さをして、翌年、ディズニーランドに行けなくなった学校があった事が判明した。

長崎県・長崎市 長崎市民は福山雅治のエピソードが話せる

あの福山雅治の出身地であるという事が何よりの誇りである長崎市民は自分だけの福山エピソードを話したがるという噂である。実際に長崎市民に話しを聞くと、確かに各々福山雅治に絡んだエピソードを持っていた。但し、どれも噂レベルであった。

京都府・京都市 森脇健児の家の雨どい掃除をすると運命が変わる

京都の森脇健児の自宅には年末若手芸人が集まり大掃除をするのだが、長年ここで不思議な事が起きている。森脇邸の雨どいを掃除をすると幸運に恵まれるのである。実際に安田大サーカスの団長は雨どいの掃除をしてから、仕事が一気に増えたという。この雨どい伝説は関西芸人の間で広く知られるようになったが、現在は森脇健児自身が雨どいを掃除しているのだという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ