期待以上と期待はずれについて調査した件

世の中には『アナ雪』のように期待以上にヒットするものもあれば、そうでないものもある。今回はそんな期待以上と期待はずれの話題をいくつかご紹介。まずは喜び倍増の期待以上から。

歌舞伎フェイスパック

歌舞伎フェイスパック』。それは歌舞伎の代名詞『隈取』が描かれたフェイスパック作ったのは一心堂本舗という和菓子屋さん。2013年、歌舞伎座への出店が決まり、お菓子以外にも何か置きたいと軽い気持ちで作った所、年間35万個も売れる大ヒット商品になった。

そのヒットした理由はフェイスパックをつけた画像をSNSで公開を色んな人が行った。中にはMEGUMI、筧美和子、有村昆・丸岡いずみ夫妻など有名人の人も行ってくれたので人気に火をつけた。パックそのものの効果ではなく、SNSに載せたい、それがヒットの理由なのである。今では売り上げの7割がフェイスパックになってしまい、和菓子屋でなく、フェイスパックの会社になってしまっている。現在はKISSのフェイスパックで2匹目のドジョウを狙っている。

一方、ガッカリの結果になってしまった期待はずれを紹介。

伊東市 日本一のひな飾り

毎年2~3月、静岡県・伊東市では、お寺の階段を利用し、日本一の段数を誇る、110段の雛飾りを設置し、これを目玉に観光客の誘致を期待していた。しかし、2015年3月3日に事件が起きる。それはお隣の東伊豆町が117段の雛飾りを設置。伊東市の日本一の称号は突然奪われてしまった。

しかし、気になるのがお隣同士なのに何のエチケットもなかったのかという事である。伊東商工会議所の人の話によると「2014年までは東伊豆町から声をかけてもらっていたが、チラシにお互いの情報を載せていた」という。そう、昨年までは伊東市110段に対し、東伊豆町は48段の雛飾りを設置し、お互いのイベントを協力して告知していた。ところが2015年は特に連絡もなく、突然寝首をかかれてしまったのである。

しかし、伊東市には奥の手がある。今雛飾りを設置している佛現寺の階段は全て段数を数えると118段あり、やろうと思えば出来るのである。

ただ、伊東市は110という数字にこだわりを持っていて、『伊東(いとう)=110』という語呂合わせをしているのである。なので、今後も数字にこだわりやっていきたいのだとか。

スポーツ界の外国人助っ人

そして、期待はずれと言えばスポーツ界の外国人助っ人である。

元読売ジャイアンツ エリック・ヒルマン

まずは元巨人軍のエリック・ヒルマン。208cmという長身ピッチャーで、巨人優勝のキーマンとして入団。「15勝はする」と公言したが、2試合投げただけで帰国した。その理由は「左肩に小錦が乗っている」とのこと。大して笑えない言葉を残し、彼は去っていった。

元阪神タイガース マイク・グリーンウェル

続いて、元阪神のマイク・グリーンウェル。現役の大物メジャーリーガーとして、当時球団史上最高額となる年俸3億3千万円という条件で入団。球団は表示が5文字までだった電光掲示板をシーズンオフの改装で7文字表示出来るようにした。しかし、突如引退を宣言。その理由は「野球を辞めろという神のお告げがあった」というもの。しかし、アメリカに帰ると、自身が経営する甲子園の20倍の遊園地が大成功。あの時の神のお告げは本当だったのだ。

元ヴェルディ川崎 ドニゼッチ

続いてはJリーグ。元ヴェルディ川崎のドニゼッチ。黒豹の異名を持つ、現役のブラジル代表で、活躍が期待されるもシーズン中に突然退団。理由は監督との衝突と言われている。しかしファンの間で噂されているのが、首都高の渋滞がどうしても我慢出来ず、帰国したという事。

元柏レイソル ミューレル

だが、このように日本の環境に馴染めないスポーツ選手は他にもいた。

同じくブラジル代表で元柏レイソルのミューレル。当時、Jリーグ史上最も大物と言われた外国人。しかし、わずか11試合で退団。理由は「奥さんがホームシックになった」というものだが、その引き金と噂されているのは「柏市のごみの分別が細かすぎて、日本での生活が嫌になった」というもの。実際に柏で話を聞いてみると、ゴミの種類を分ける為にゴミ袋を色分けをしており、それを使用しないと決してゴミを持って行ってくれない。ミューレルが日本を去った気持ちがちょっとだけ分かる。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ