様々なサインについて調査した件

世の中には様々なサインが存在する。例えば左手薬指の指輪。これは結婚していますよのサイン。また右手薬指の指輪は恋人がいますよのサインと言われている。そこで今回は様々なサインを調査。

お腹が鳴るのは若返りのサイン

お腹がぐぅ~となるのは単に空腹のサインだけではない。ラファエルクリニックの牧野桂花院長によると空腹の状態になると、消化管からグレリンというペプチドホルモンが分泌されるという。そしてこのグレリンが若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌を強く促すので、空腹の時点では若返り高価やアンチエイジング効果が期待出来る。

カレーが食べたくなるのは風邪のサイン

風邪を引いたり、免疫が弱まったりすると、人間は本能的にクルクミンを欲する可能性が高い。クルクミンを含んだ代表的な食品はカレーの為、カレーが無性に食べたいというのは体が弱っていたり、風邪の兆候のサインであると言える。

肉を欲するのはストレスのサイン

ホスファチジルセリンという物質・成分は肉や大豆に含まれ、ストレスに対抗する効果が期待出来る。つまりストレスが溜まると、ストレス解消の為に肉を食べたくなる様になるのである。

田舎者のサイン

田舎者のサインは上を見ながら歩く事である。他にも田舎者のサインとしては芸能人を探しながら歩いてしまうという事。更に、田舎者のサインとしては都心の地理がわからない為、スマホの地図を食い入る様に見ているという事が挙げられる。

東大生のサイン

東大生かどうかはある質問をすると分かるらしい。それが「出身はどちらですか?」という質問である。実は東大生は出身を聞かれると出身地(地名)ではなく、出身高校を答える。この理由は東大生は出身地よりも出身校で大学内でのヒエラルキーが決まる為、高校の名前を答えてしまうのである。せっかく東大生になっても出身校によって肩身の狭い思いをする事もあるという事である。

表札の謎のサイン

2015-04-08_160258

皆さんは表札などにこの様なサインを見かけた事はないだろうか。実はこれ、訪問販売や空き巣のマーキングである。一見ただの落書きの様だが、1つ1つに意味がある。ちなみに『外』が付いていれば『外国人』の意味で、『N1』は『NO1回』の意味で一度断られたという意味。他にも『△』は『あと一押し』、『1017』は『10時から17時まで留守』、『SS』は『土日休み』と様々なマーキングが存在する。知らない間に個人情報が漏れている可能性があるので気を付けた方が良い。

イマイチの映画を見分けるサイン

映画コメンテーターの有村昆によるとキャッチコピーがコケそうな予兆を示しているという。きちんとヒットした映画であれば『興業収入1位』『観客動員数1位』など、堂々と数字を出すのが当たり前である。逆に言えば数字を出してこない映画は怪しい。

コケそうな映画のサイン第3位は『全米震撼!』。『全米震撼』とか『全米が泣いた』というコピーは受け手の心情である。それは視聴している人が決める事であって、それを前面に押し出す心情に訴えかけるコピーは危ないサインである。

コケそうな映画のサイン第2位は『目撃シリーズ』。『貴方は驚愕の真実を目撃する』『伝説を目撃せよ』とかいうコピーはコケる。

コケそうな映画のサイン第1位は『衝撃のラストを見逃すな!』。『~を超えるラスト』とかは作品だけで勝負出来ないから、何か興味を惹きつけようとするもっとも危ないパターンである。

2丁目のサイン

新宿2丁目に通っているかどうか見分けるサインがある。それは『シャインマート知ってる?』という質問である。これを知っている場合は新宿2丁目に通っているという合図になる。他にも電話する時はいつも『もしみ』『おはみ』。またご無沙汰の時は『ごぶみ』である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ