最近増殖しているものを調査した件

先月、奈良県で起こった奇妙な現象が日本を震撼させた。それが奈良公園の池の水が真っ赤に変色。何故こんな現象が起こったかと言えば、その理由は連日の猛暑の影響で池一面に水草が大量発生してしまったのだ。そこで今回は最近増殖しているものを調査。

双子コーデ

まずは双子コーデ。双子コーデとは服や髪型・小物に至るまで、まるで双子の様に揃えるコーディネートの事。渋谷・原宿あたりに沢山いるという。

2015-09-22_154033

双子コーデの聖地である原宿で探すと、いとも簡単に発見。何故同じ格好をするか理由を聞くと、揃えたら可愛いからだという。他にも四つ子コーデや五つ子コーデもある。

日傘男子

男性もこれだけの猛暑であれば、日傘恥ずかしいとか言っている場合ではない。と語るのは「男もj日傘をさそう会」の会長である宮武さん。話によれば大阪には結構日傘男子がいるらしい。

心斎橋に結構いるらしいという話で調査すると、確かにあまり発見は出来なかったが、オネエ系な男性が日傘をさしているのを発見出来た。

コインランドリー

現在、コインランドリーは10年前と比べると2倍ぐらい増えているという。共働きの増加で、溜まった洗濯物を一気に洗えるという事で需要が高まった事と、利用者へのサービスが充実しているのがコインランドリーが増えた理由だという。待つのが当たり前は過去の話。今や洗い終わりをメールで知らせてくれるサービスもあるそう。

空港に泊まる人

問題の現場は関西国際空港。出発ロビーに行くと、ベンチで寝る人がそこら中にいる。この理由はLCCなどが深夜・早朝便を増やした一方で公共交通機関が対応しきれていないのが理由。

関空には24時間開いている店も多く、食事には困らない。

長野県 夜に襲来する影

2015年、長野県で行われたサッカーの試合がある大群の襲来を避ける為、開始を2時間早めたという。その原因は蛾。襲来するのはマイマイ蛾という種類で、何故大量発生するのかは専門家の間でも謎だという。

ナイターの照明がついているとそこに蛾が集まってきてしまうので、野球とかでも目の前に蛾が飛んでいるので、ピッチャーが振り払うとボークとられてしまったり、本当に試合にならないぐらいのレベルで発生するのだとか。

番組はせっかくなので蛾を集めてみたい。そこで長野中の照明をかき集め、長野運動公園野球場で実験をしてみた。しかし、ここまでやったのに、こんな時に限って蛾が一匹も集まらなかった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ