様々な聖地を巡ってみた件part2

聖地』。それはある特定の信条を持つ人が尊び、足を運ぶ場所。という事で今回は全国のマニアックな聖地を紹介。

宝くじの聖地

まずは佐賀県・唐津市に浮かぶ離島『高島』。周囲約3km、267人が暮らすこの小さな島が一体何の聖地かと言えば宝くじの聖地。

島の中心にある宝当神社(ほうとうじんじゃ)こそ、その名の通り、参拝すると宝が当たると噂のパワースポット。神社の中には宝くじに当選した人がお礼に来て、札を貼っていく。この宝当神社が凄いのはただ縁起が良いというだけでなく、実際参拝して高額当選者が後を絶たない所。また、神社に宝くじを持って来て、参拝してから当選を確認する人達もいる。

ホストの聖地

続いての聖地は眠らない街、新宿区・歌舞伎町。雑居ビルの一室に入ると、所狭しと男たちが髪を逆立て、トサカを作っている。そう、ここはホストの聖地。

美容室タナカ∞』はカットなし、ヘアセットのみで1回1500円。出勤前のホスト達にターゲットを絞り、7年前にオープン。1日約80人のホストが来店し、髪をセットしにやって来るという。

気功の聖地

気功の聖地。それは表参道でやっている武術道場、『明光武道 深雪館』。ここの総師範を務める神田真澄は気を操れるという人物で、本を出版している。更に神田真澄は気を使って人を転がしたり飛ばしたり出来るらしい。

お互いの気が上手く繋がれば飛ばす様な事が出来るという。という事でスタッフ3人が体験入門。そのスタッフいわく「気功はあります。」。

パクチー好きの聖地

パクチー好きの聖地。それは世田谷区・経堂にある『パクチー料理専門店 パクチーハウス東京』。天ぷら、パスタ、キムチなど全メニューにパクチーを使用しているというこだわりようだが、オーナーに聞くと「全ての食べ物には苦手な人がいる。食べた事のない異質な物を初めて口にした時に、拒絶反応を示すのは人間、動物としての当たり前の行動なのでそれは良い。ただ、それは可能性を1回閉じているだけなので、また開いて食べ続ければ必ず好きになる。」という。

しかしパクチー嫌いを好きにするのは難しい。

ラグビーの聖地

ラグビーの聖地は長野県・菅平高原。日本一ラグビー場が多い地域で、総グラウンド数は109面。毎年、高校・大学合わせて約800チームが合宿を行っているというまさにラガーマンの聖地。今、イングランドで開催されているラグビーワールドカップが4年後日本で開催するとあって、街は盛り上がっている。

しかし、何故こんなにラグビー部が集まって来るのだろうか。理由は気温。夏の平均気温が19,6度とラグビーがし易い環境であり。他にも立地的に関東・関西の間でアクセスが良く、普段なかなか出来ない東西の強豪校同士が練習試合出来るのも菅平にラグビー部が集まった理由である。

一方、街にはラグビーショップが夏限定でオープン。わざわざ東京から出店する店もある。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ