あまり見た事がないモノを調査した件

世の中には聞いた事はあってもなかなかお目にかかれないレアな物が沢山ある。今回はそんなあまり見た事がない物を調査した。

ラジオ体操第3

ラジオ体操第1や第2は皆知っているだろうが、実はラジオ体操には第3がある。そこで今回は龍谷大学『ラジオ体操第3サークル』に実演してもらった。

1930年代から放送されていた第1と第2は主にストレッチが目的だったのに対し、ラジオ体操第3は体力や筋力強化を目的に戦後の1946年から放送が始まった。ゆえに動きはなかなか激しい。テンポがはやく、複雑な動きが多いという理由でわずか1年半で放送が終了。幻のラジオ体操と言われる様になった。

サークルの顧問でラジオ体操第3を復活させた教授によると心拍数で測ると大体110~150の幅で推移していて、体脂肪を燃焼させる有酸素運動のレベルだという。そういう意味では健康づくりとても役立つ。また、楽しんでラジオ体操第3をやって欲しいので、コンテストを開きたいという。

グーグルストリートビューの撮影風景

ストリートビュートは世界67ヶ国の見たい場所を画像で360度見られるGoogleのサービス。我が国二本でも47都道府県の主要地は既に視聴可能となっている。にもかかわらず、これらを撮影している所はあまり見た事がない。

そこで、これから撮影するという北海道の摩周湖の撮影にお邪魔させてもらった。ところが、辺り一面霧だらけでこの日は撮影中止という事なので、雰囲気だけやってもらった。

2015-09-15_071415

トレッカーと呼ばれる頭に15個のレンズが付いている機械・装置を人間が背負い、このカメラは2.5秒間に1回シャッターを切っていて、歩いているだけで撮影されていくのである。

このトレッカーの重量は18キロで駆動時間は約8時間。主に車で撮影出来ない場所で活躍。屋久島やグランドキャニオンの画像もトレッカーを背負って撮影したそう。ちなみに背負う人はGoogleの社員だけとは限らない。観光協会の人にも応募してもらって、トレッカーを貸し出して撮影してもらい、データとしてGoogleがもらったものを15枚の写真を繋げて、ストリートビューに公開しているという。

ちなみにこれにはギャランティ(報酬)は発生しない。

金のエンゼル

1967年に発売され、今もなおロングヒットを続けるお菓子チョコボール。金のエンゼルなら1枚、銀のエンゼルなら5枚でおもちゃの缶詰と交換してくれるというのはもはや国民全員が知っているルール。しかし、金のエンゼルを見た人はほとんどない。

というワケで番組は当たるまでやってみた。まずはチョコボール100個を大人買い。すると25個目で銀のエンゼルが登場。しかし、その後も出るのは銀のエンゼルばかり。肝心の金のエンゼルは100個開けても出なかった。

そこで更に100個単位で買い足し続け、金のエンゼルが出てくるのを待った。そして開け続けること15時間915個目にして金のエンゼルを発見。費やした金額は69,540円。

一方で銀のエンゼルは915個中42個。つまり、おもちゃの缶詰をもらう為には銀のエンゼルを5枚集める方が断然確率は高いのである。

ガングロギャルのスッピン

ガングロギャルにスッピンになってもらう様に交渉したが、それぞれスッピンが『おばあちゃん』『ウーパールーパー』『つぶれた饅頭』になるという事でOKが貰えなかった。

2015-09-15_072354

そんな中、ちゃんあやさんという人だけがスッピンOKをくれた。逆に何故OKしてくれたのか謎という結果になった。

パーツモデルの顔

手タレや足タレなど雑誌や広告で身体のパーツだけを出して稼ぐパーツモデル。商売道具はあくまでパーツという事であまり顔を世にさらす事はない。今回はそんな業界で24年のキャリアを積む、大御所パーツモデルの顔を紹介。

2015-09-15_072601

こちらがパーツモデル界の重鎮である金子エミさん(44歳)。24年前、金子さんは大手芸能事務所に「手が綺麗だね。」とスカウトされパーツモデルの道へ。その後出演したCMや広告は約100本、雑誌は500本を超える。

そんな金子さんにパーツモデルの苦労を聞くと「パーツモデルはモデルという文字がついているが、結構職人である。」という。

一体どういう事なのかと言えば、写すパーツは心臓よりも高い位置にしなければならない為、かなりのきつい態勢で撮影しなければいけない。

何故、心臓より高い場所かと言えば、心臓よりも低い場所で撮影すると、血管が浮いてパーツが綺麗に見えないからだそう。

あくまでも主役は自分の手ではないので、いかに主役を目立たせられるかに注力しているという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ