視聴者の依頼に応えてみた件

番組には毎日の様に全国の視聴者から調査依頼が寄せられる。そして何故か2015年に入ってからその件数が急増。月に1000件を超えている。という事で今回は依頼の中からいくつか調査してみる。

埼玉県・武蔵浦和駅 怪しい入りづらい定食屋

視聴者からのメールは『埼玉県の武蔵浦和駅近くにすごく怪しい定食屋さんがあるのですが、見た目が怖くて、とても入りづらいです。一体どんな店なのか調査してください。』というもの。

早速、武蔵村輪に向かうと多くの人がそのお店の存在をしっていた。

2015-09-04_205314

噂の定食屋は奇妙なオブジェが睨みを効かせ、確かに入りづらい。思い切って店内に入ると、店内は思いのほか普通。店主に話をうかがうと、2年前に元の看板が台風で飛ばされてしまった。その時、店主は自ら看板を作ろうと決心。自家製の看板を作った理由は人々の癒しとなる看板を作ろうと思ったからであったが、残念ながらそういったセンスがまるでなかった。

ところがこの看板のせいか否か、10年以上通っていた常連さん達が来なくなってしまったのだそう。

というワケで検証結果は店主の美的センスは無いが、定食屋としてはちゃんとしたお店であった。

埼玉県・所沢市 消防車ロゴが矢沢永吉のパクリ

続いての視聴者からのメールは『所沢市の消防車のロゴが、絶対矢沢永吉のロゴをパクっていると思います。気になるので調べてみて下さい。』というもの。

2015-09-05_025242

問題のロゴがこちら。もはやYAZAWAにしか見えない。署員の話によると稲妻の様に早く駆けつけ、放水をイメージしデザインで、たまたまなのだという。

というワケで検証結果は決して矢沢永吉をパクっているワケではなそう。

京都府民は日本史に強い

続いての視聴者からのメールは『日本史の舞台としてよく京都が出てきます。なので京都の人は日本史に強いのではないでしょうか?是非検証してください!』というもの。

実際に京都府民に聞いてみるとどのような人であっても平等院鳳凰堂や二条城といった三重署についてほとんどが写真を見せただけで回答出来ていた。しかし、京都にまつわる歴史以外はあまり詳しくない。

というワケで検証結果は京都人が強いのは京都の歴史だけである。

合唱曲『チコタン』の歌詞が怖過ぎる

続いての視聴者からのメールは『小学校の合唱曲などで歌われている「チコタン」という歌の歌詞が怖過ぎます!どういう意味があるのか調べて下さい。』というもの。

チコタンは1960年代に作られた合唱曲で「チコタン」という名の少女について歌ったもの。

その歌詞は「なんでかな?なんでかな?なんでチコタン好きなんかな?クラスでいちばんゲラやからかな?なんでこないに好きなんかな?」といった感じで、前半はチコタンに恋する男の子のごく普通の歌。しかし、後半で急展開がある。

その歌詞は「ダンプにひかれてチコタン死んだ 横断歩道で黄色い旗にぎってチコタン死んだ」と、愛しのチコタンは交通事故でいきなり死んでしまう。

更に歌詞は「チコタン殺したのん誰や 僕のチコタン殺したん誰や だれや だれや だれや だれや だれや だれや だれや アホゥ!!」と続く。

一体、この歌にはどんな意図があるのか、作詞家に話を聞くと高度経済成長によって、子供の遊び場が奪われる悲しみを表現していたのだという。

というワケで検証結果は「チコタン」には思いもよらない深い意味があったのである。

大阪府・アメ村「しらんがな」の店員は皆パーティーピーポー

続いての視聴者からのメールは『大阪・アメ村の「しらんがな」というたこ焼き屋さんで働いている人たちが、かなりのパーティーピーポーらしいので会いに行ってください。』というもの。

実際に会ってみると、確かにここの従業員は皆パーティーピーポーだという。一見すると普通の青年だが、彼らは寝る間も惜しんで週に7回クラブに繰り出すという。中には踊り過ぎて脊髄を損傷した経験もあるボブさんという人もいた。

というワケで検証結果は脊髄を損傷する危険があるので真似は厳禁である。

栃木県・那須塩原 動きが軽快過ぎる警備員

続いての視聴者からのメールは『那須のショッピングセンターの駐車場に、動きの軽快過ぎる警備員がいます。是非調べてみて下さい!』というもの。

その警備員はアジアンオールドバザールという場所にいるという。地元では結構有名らしい。実際にその人を見てみると、確かに軽快なステップで次々と車を誘導している。この警備員の名前は橘裕紀さん。この踊りをやろうと思ったのか理由を聞くと、なんと施設側からのリクエストであった。ちなみに踊りの経験はなく、踊った事で給料は増えたりはしないという。

千葉県 柏の守り神と呼ばれる見た目がチャラいオッサン・ライオン丸

続いての視聴者からのメールは『千葉県の柏に、見た目はチャラいのに顔がオッサンの人がいます。「柏の守り神」と言われているみたいなのですが、どういう人なのか気になります。調べて下さい!』というもの。

柏市の街頭で聞いてみるとこのオッサンはライオン丸と呼ばれているらしく、7年前ぐらいからずっと存在しているという。

2015-09-05_031410

これが噂のライオン丸である。確かに投稿通り、格好がチャラくて、顔が老けている。この人は基本的には音楽メインで生きているが、最近バンドが解散してしまったので、今は普通にコンビニ店員をやっているという。

ライオン丸は午前中はミニストップの店員。午後は何かを求めて柏を歩き回っている。今や柏の街ではちょっとした有名人である。ちなみに年齢は謎である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ