寝相でわかる性格診断を用意してみた件

寝相で分かる性格診断を紹介。

寝相のパターンは4種類。『仰向け型』『横向き型』『うつ伏せ型』『胎児型(手足をギュッと縮めてまるで胎児の様に横になる寝方)』。

それぞれの診断結果を解説。

『仰向け型』の性格

開放的なポーズから分かる様に自分に自信があって、安心感が強い。

一方で、全てが自分中心に回っていると思いがちな女優タイプ。子供に多い。

『横向き型』の性格

バランス感覚が良好で協調性に優れ、常識的。

利き腕を守る心理から利き腕側を下にして寝る人が多い。

『うつ伏せ型』の性格

予期せぬ事が起きるのを嫌い、細かい事を気にする。アメリカではバンカー(銀行員)タイプと呼ばれる。

呼吸が苦しくなるので、眠ると自然に仰向けになる。

『胎児型』の性格

寒い時や心理的なストレスが大きい時になりがちな防御系の姿勢。

性格は繊細で自分の殻に閉じこもるタイプ。胃腸などにトラブルがある場合もある。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ