○○といえばこの人が出てくる件

夏と言えば稲川淳二が出てくる。他にも黒いと言えば松崎しげる、食レポと言えば彦摩呂、大食いと言えばギャル曽根の様にAといえばB という特定の人物が出てくる様々な例を紹介。

ひったくり事件が起こるとクワマン(桑野信義)が出てくる。

なぜクワマンなのかと言えば、クワマンは2002年11月、銀座の路上で現金10万円の入ったセカンドバッグをバイクに乗った2人組にひったくられ、その5か月後、仕事で訪れていた韓国のホテルの部屋で高級腕時計などを盗まれた。更にその5か月後品川のスーパーで買い物中に財布をすられるという被害にもあった。

実はひったくられたのは最初の1回目だけなのだが、何故かひったくり事件の度にワイドショーからコメントを求められる様になってしまった。

人がライオンに襲われたら松島トモ子が出てくる。

1986年1月、取材で訪れていたケニアで松島トモ子はライオンに襲われ、頭部を負傷。当時、多くの国民が彼女の安否を心配した。しかし、彼女はケニアに留まり取材を続行。これが裏目に出る。ライオンの事故からわずかに10日後、今度はヒョウに襲われた。

大相撲好きの有名人と言えばデーモン閣下かやくみつるの2択。しかし、どちらかに絞りたい。

そこで、ファン投票を開催。すると結果はデーモン閣下15名、やくみつる18名となり、大相撲好きの有名人と言えばやくみつるになった。

しかし、もう1つ絞りたいものがある。

イチローの知人と言えば、林家ペー・パー子かヨネスケか2択。

そこで、同時2発インタビュー。それぞれの親密さを伺うエピソードは沢山あり、どちらもどっちだった。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ