様々なモノの賞味期限を調べてみた件

我々が手にする食品や商品には賞味期限や消費期限などが明記してある。だが、今回はそれらが明記されていないものの一般的な言われてみればちょっと気になる賞味期限を調査。

水道の水の賞味期限

東京都水道局に水道水の賞味期限を聞いてみると、ペットボトルに入れて直射日光を避けた場所においておけば消費期限は3日。基本的に水道の水はなるべくすぐに飲んでくださいとのこと。

中華鍋の賞味期限

中華料理のコックさんがなんのためらいもなく酷使する中華鍋。その寿命をメーカーに聞いてみると、なんと中華鍋はたった6か月で寿命がくるという。

回転寿司の賞味期限

回転寿司屋に聞いてみると握りだと50分、軍艦は海苔を使っているので40分。更にお寿司のお皿には時間が分かるチップが内蔵されており、賞味期限がくると自動的に破棄される。

おしぼりの賞味期限

おしぼり工場の社長に話を聞くと、貸しおしぼりは約40回の貸し出しでお勤めを終えるのである。

また、前の人が汚し過ぎてしまったおしぼりは洗濯機(ワッシャー)に入れる前に取り除き、更に70度の高温と塩素剤できちんと殺菌を行っている。なので、貸しおしぼりは100%安全である。

喫茶店のパセリの賞味期限

老舗喫茶店のマスターに聞いてみると、きちんと残されたパセリは1回で廃棄してしまう。

バンジージャンプのゴムの賞味期限

バンジージャンプのゴムの消費期限はメーカーの方で決まっていて、300回が限度となっている。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ