全国のカレー問題を調査してみた件

カレー』。それは今や寿司に次いで日本人が好きな料理ナンバー2に挙げる国民的フード。今回はそんなカレーにまつわる、ご当地問題を取り上げる。

沖縄県民 カレーを作らない問題

まずは沖縄県民カレーを作らない問題。ソーキそばやチャンプルーなど、独特な食文化を持つ沖縄だが、沖縄県民が好きな料理第1位は地元の味を抑えてカレーである。しかし、カレールウの消費量で沖縄県は全国最下位。一番好きなのに作らないのである。どういう事なのか街の人の声を聞くと「食べるとしたらボンカレーだけ」「沖縄と言えばボンカレー」「商店を経営してるがボンカレーが圧倒的に売れる」といった回答が聞けた。つまり、沖縄県でカレーと言えばレトルトのボンカレーなのである。

家でカレーを作る事はほぼないらしい。実際にスーパーを見てみると置いてあるのは昔懐かしい初代ボンカレー。現在全国的に販売されているのはボンカレーゴールドで、この初代ボンカレーは沖縄限定販売となっている。県民性研究の第一人者である矢野新一先生によると沖縄の人は初物好きで余程の事がない限り、大事にしていこうという気質だという。だからこそ、世界で初めて作られたレトルトのボンカレーが大好きなのである。つまり、カレーと言えば初代ボンカレーで、ボンカレーゴールドや、家で作るカレーは、それはそれで初代ボンカレーのまがいものとしてしか捉えられないのである。

更にボンカレーが愛される理由がもう一つある。台風が多い沖縄県では非常食としてもボンカレーが重宝されているのである。

北海道・帯広市でも カレーを作らない問題

続いては北海道・帯広市でもカレーを作らない問題。帯広市でカレーが作られない理由は前回の記事である沖縄県都は全く異なる。街の人の声を聞くと「カレーは作らないが鍋でインデアンカレーは作る」という回答が聞けた。

インデアンカレーとは昭和43年創業のカレー専門店。帯広市内に10店舗構える地元に密着したお店で一皿399円から楽しめる良心価格。そのインデアンカレーではルウの販売をしており、客は注文すると、おもむろに家庭用の鍋を取り出し、店員にそれを渡す。店員はその鍋の中に完成されたカレールウを注ぎ入れるのである。皆カレーの日にはこのインデアンのルウを求めにやって来る。

カレーショップインデアンの社長によるとお客の要望により昔はお持ち帰りの容器にカレールウを入れてたら「直接鍋持って入れてもらって、そのまま自宅で火をかけて食べたい」という声が多く聞かれ現在の形になっているという。

ルウを持ち帰ったお宅で話を聞くとずっと帯広市民はインデアンのカレーで育ってきているので家でオリジナルのカレーを作っても文句を言われてしまうのだという。つまり、帯広市民にとってカレーはインデアンカレーなのであり、家で作ったカレーはまがい物でしかない。

鳥取県カレー問題

続いては鳥取県カレー問題。日本で唯一スタバを知らない鳥取県が今全力をあげて取り組んでいる事。それはカレールウ消費量全国1位の奪還である。今、鳥取市はカレールウ消費量全国ランキングで2位であり現在1位の青森市を追っている状態。そこで、なんとしてでも1位になろうとご当地ヒーローであるカレーンジャーで町おこしまで行っている。また、カレーのレシピの載ったカレンダー、鳥取カレーンダーも発売した。更にカレーの街コンも開催。鳥取カレー研究所のスタッフに話を聞くと、鳥取もご多分にもれず、人口の減少に悩んでおり、鳥取人が一番好きなカレーであれば、恋人・カップルになり易いと考えこの街コンは開かれた。

このようにとにかくカレールウ消費量全国1位を目指しているが、一体そのタイトルを取ったとして、何の意味があるというのだろうか。そこで番組は鳥取県知事の平井信治をたずねた。平井信治知事によるとらっきょを売りたい目論見があるという。つまり、鳥取県をカレー大国にして、カレー好きを全国から呼び、そのどさくさでらっきょうを大量に食わせるという思惑があるのである。

カレーは辛口派・甘口派どっちが多いのか問題

続いてはカレーは辛口派・甘口派どちらが多いのか問題。辛口派は「甘いカレーはカレーじゃない」と声を荒げ、甘口派は「辛いと味が分からない」と反論する。果たして辛口派と甘口派はどちらが多いのか。

番組は実際に街の人達にアンケートを実施。100人に聞き込みを行った所、その調査結果は辛口派が56人に対し、甘口派は44人となり辛口派の勝利となった。

カレーパンマン 自分の顔を食べさせない問題

続いてはカレーパンマン自分の顔を食べさせない問題。子供達のヒーローアンパンマンといえば、お腹を空かせた子供達に自分の顔を分け与えてあげる。一方、カレーパンマンはというと、お腹を空かせた子供に対して、自分の顔を食べさせず、わざわざ鍋に火をかけカレーライスを作って振舞うのである。その理由についてネットでは様々な憶測が流れている。「実はカレーパンマンはゴハン好き」「ジャムおじさんがカレーを作るのを面倒くさがっている」「アンパンマン号にカレーパンを揚げる設備がない」といった具合である。

しかし、日本が誇るアニメ「アンパンマン」。きっときちんとした理由があるにちがいない。そこで番組はアンパンマンを見まくり、一つの仮説にたどり着いた。実はカレーパンマンの攻撃は激辛カレーを相手に浴びせる事である。つまり、もしカレーパンマンが自分の顔を分け与えると、子供達に激辛カレーを食べさせてしまう。そこでカレーパンマンは激辛カレーパンの代わりにカレーライスを作っているのではないかというものである。

番組はこの仮説をフレーベル館アンパンマン室長にぶつけてみた所、「自由に発想するのは構わないが、そういう事では全くない。」という回答がされた。実際の理由はキャラクターの役割をやなせたかし先生が差別化する為にそれぞれ変えていったからだという。つまり、アンパンマンがするからカレーパンマンもするだろうという発想自体が全くのナンセンスなのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ