ご当地シェイクを色々用意した件

以前、放送でMC陣がずんだシェイクの話で盛り上がった。そこで今回はお腹たぷたぷスペシャル。全国から選りすぐりのご当地シェイクを紹介。

宮城県 ずんだシェイク

まずは宮城県。仙台駅の中にあるずんだ専門店『ずんだ茶寮』からマツコ・デラックス絶賛のずんだシェイク

ずんだとは枝豆、またはそら豆をすり潰して作った緑色の餡の事で、古くから東北地方で親しまれてきた郷土料理。豆を潰す意味の豆打(ずだ)がなまりずんだになったと言われている。

ずんだ茶寮ではシェイクに一番合う枝豆は自社独自でブレンドしたモノを使用していて、シェイクの中でもつぶつぶ感が残る様に作っている。

京都府 きなこシェイク

続いては京都府。八坂にあるきなこ専門店『きなこ家』が販売しているのがきなこシェイク

関西人はきなこが大好き。このお店のきなこシェイクは京きな粉というきな粉を使用していて、京きな粉は焙煎が深いモノを指し、その為、香りが強く、味に少し甘みがあり、まろやかになる究極のきな粉だという。

他にもバナナや黒蜜、抹茶アイスの入った上品で贅沢なひと品。

神奈川県 生とうふシェイク

続いては神奈川県。箱根湯本にある『デリ&カフェテラスみつき』で人気の生とうふシェイク

箱根名物の豆腐を使用した生とうふシェイク。箱根は水が大変美味しいので、その水で作られた豆腐も大変美味しくなっている。豆腐自体が美味しいのでバニラのフレーバーにうまく豆腐がのっかっている。

東京都 あずきシェイク

続いては東京都。浅草にあるたいやき屋『写楽』で人気のあずきシェイク

たいやき屋さんならではのあずきシェイクは北海道産のあずきで作ったという事がこだわり。厳選した小豆で作られたあずきシェイクはその見た目とは裏腹に甘すぎず、後味もさっぱりしていると評判のひと品。

青森県 マグロ醤油シェイク

最後は青森県。本州最北端にある大間町にある土産物屋『ファンファーレ』から一風変わったご当地シェイク。それがマグロ醤油シェイク

バニラアイスにマグロの中骨が入った醤油を数滴たらし、そこに牛乳を加えて豪快にシェイク。最後に大間産マグロのたたきをトッピングすればここでしか味わえないマグロ醤油シェイクの完成。但し、その味を店員さんに聞いてみても「なんとも言えない」という微妙な回答がされた。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ