オタク達のお金がどこから出ているのか気になる件

オタク』。それは何らかの分野にのめり込み、世間一般に背を向けて我が道を行く人々。しかし今日、オタク達の欲求はお金になると認知され、オタク相手の商法が次々と生み出され、その市場規模は9000億円と言われ、日本経済の一端を担っていると言っても過言ではない。つまりオタクでいるにはお金のかかる時代なのである。では、オタク達はどのようにしてそのお金を工面しているのだろうか。今回はそれを調査してみた。

まず1人目のオタクは岡崎さん29歳。岡崎さんはアイドルオタクで、お金を使っているのは福岡のローカルアイドルHR。その為、東京から福岡まで月2回往復。これだけで1ヶ月の交通費は12~13万円の支出。更にCDが出れば70枚購入。何故なら3枚買うとメンバーと写真が撮れるから。岡崎さんによればざっと見積もって1ヶ月15万円以上アイドルに使っている。

ではこのお金をどのようにして工面しているのだろうか。岡崎さんはシステムエンジニアの仕事をしており、月収は手取りで25万円。しかし1人暮らしをするとアイドルにお金を使えなくなるので通勤に1時間以上かかる実家に住んでいる。月の収入25万円のうち5万円は実家にいれ、残りの16万円をアイドルに使い、残りの4万円は財形貯蓄。非常に手堅くたんとしたオタクなのである。

続いてのオタクは前田くん21歳。前田くんは二次元美少女オタク。いわゆるアニメオタクである。前田くんは中学時代にプリキュアを見てハマって、そこから色んな部類のアニメにハマったという感じだという。こういった漫画やアニメグッズに使う金額は月に約5万円。だが前田くんは他のある事にもお金を使っている。それはカラオケでアニソンを歌い、100点をとる事を目標にしている。ちなみに100点をとった事のある曲は635曲もあるという。

ではそのお金、どのように工面しているのだろうか。前田くんは映像関係の仕事をしており、月の収入は17万円。そこから家賃・光熱費の10万円が引かれ、そこから残り7万円のうち5万円をアニメやアニソンに使っている。そこで驚くべき事は月の食費が2万円という事。これは単純計算で1食あたり220円。朝は菓子パン、昼は会社の食堂、夜は500円位の惣菜を買って、休みの日は朝昼我慢し、夜だけ食べているという。まさに三度の飯よりアニメが好きで、とことんお金を切り詰めてアニメに使っているのである。

そして最後のオタクは龍神さん45歳。龍神さんは何のオタクかと言えばドールオタク。ちなみにその中でも一番大きなモノは100万円以上かかっている。但し、龍神さんが1番お金を使っているのはドールではない。1番お金を使っているのはメイド喫茶等のメイド関係のお店で、そのようなお店に月で50万円以上使っているという。実は龍神さんはメイド喫茶業界では知らない人がいない程の有名人。

そんな龍神さんの仕事は会社事務で手取り月収は15万円。ではお金はどうやって工面しているのだろうか。これは全てクレジットカードのキャッシングでまかなっている。つまり全て借金。龍神さんによると複数のクレジットカードで総額1000万円程を借りているのだという。龍神さんは衣食住での出費を控え、必死にローンの返済をしているという。龍神さんいわく自分が楽しい事をして苦労をしなきゃいけないのは当然という覚悟を決めていた。

という事で働き盛りの男達が様々なものを犠牲にして好きなものに全てを捧げているのがオタク達の財源の実態だったのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ