世界に比べて日本人は不潔な所があった件

アメリカの睡眠財団(US National Sleep Foundation)が日本を含む世界6ヶ国で実施した「睡眠」に関する調査で、日本人はシーツを替える頻度がもっとも少ない事がわかった。

「3週間の間にシーツを交換する回数が1回以下」と答えた割合は日本が28%とダントツで、その他の国はドイツが12%で2位。アメリカが6%、イギリスが3%、カナダが2%、メキシコが1%だったという。

つまり日本人の睡眠環境が不潔な事が分かった。

ちなみに布団、ベッド、枕にいるダニの数は数千匹と言われ、夏は3~4日に1回、冬は週に1回シーツを洗濯するのが理想的である。

実際に番組MCの関ジャニ∞村上信五に関しては冬場は同じシーツで一冬過ごし、夏場は寝汗をぐっしょりかいた時のみ変えている事を明かした。またもう1人の番組MCのマツコ・デラックスに関しては1年の4回シーツを交換しているが、それは清潔さの為というよりかは季節を意識してシーツの色を変えたいだけである。但し、掃除機はきちんとかけている模様。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ