商品につくおまけがスゴイ事になっている件

おまけ』。それは主たる商品につくサービス的の品物で、言うならば関ジャニ∞における村上信五的な存在。実は今、おまけ商戦が加熱してきている。

雑誌の付録(おまけ)

まずは雑誌部門。最近出版界で話題になったのが漫画雑誌『なかよし』の付録。それが『スーパー最強まんが家セット』。なぞるだけで漫画家のタッチが学べる『なぞるだけプロ原稿』。漫画家になる為のノウハウが書かれた冊子など到れる尽くせりな内容で雑誌が付いて580円。編集部の方に話を聞くとこの雑誌は小学生をターゲットにしたものだが、まんが家セットが付いた時は大人の人も買ってもらえるような戦略にしたという。これが14万部のヒット。当然お金がかかっているので、それだけ売れてもとんとんなのだが、消費者にとっては嬉しい出版社の挑戦。

更に人気女性ファッション誌『ELLE JAPON(690円)』。その2013年8月号は通常より490円高い1180円だったが付いてきたのはなんと約6300円相当の『高級日焼け止め』。

更にラグジュアリー雑誌『Richesse』第4号。これに付いてきたのはなんと豪華国内ホテルスイートペア宿泊券。約20万円相当。実はこの雑誌の価格自体が10万円なのだが、差額10万円はお得。これにはどのような意図があるのか、編集部の方に確認をすると雑誌に商品を掲載する代わりにクライアントに商品を提供してもらっている。つまり、出版社は価格だけで言えば割に合わないが、雑誌の売上は伸び、一方のメーカーは書店で商品をPRするというメリットがある。あまりにも商品が豪華だと何か裏があるのではないかと思ってしまうが、事実は出版社・消費者・メーカー、皆が幸せになれる良い話なのである。

通販の付録(おまけ)

通販でよく見る「今なら同じ商品をもう1つプレゼント」という台詞。そもそも同じ物をもう1つ付けてくれるなら「半額にしろ」と思ってしまうのだが、」実はこれにも意図がある。通販アドバイザーの方に話を伺うと、これは商品を余っているからもう1つ付けているというワケではなく、あえておまけという付加価値をつける事で消費者の購買意欲を掻き立てていこうという戦略である。事実値段を半額にして売るよりももう1つおまけをつけて売る方が売上が伸びている。というワケでもう1つ付いてくるからといって人気のない商品ではないのである。

お菓子の付録(おまけ)

玩具付きおかし『GUNDAM CONVERGE SP(1470円)』。実はこれガム1個に対し、フィギュアがおまけとして付いてきて、もはや主役とおまけが完全に逆転。

更に漢字が動物に変身するおもちゃ『超変換!!もじバケる(105円)』。シリーズ累計1400万個売れた大ヒット商品だが、これも何故か主役はガム。わざわざ申し訳ない程度のガムを付けるのにも裏がある。その理由はおもちゃだけで販売すると玩具類とみなされ、主に百貨店などのおもちゃコーナーのみの販売となってしまうからである。しかし、「これはガムです」と言い張ればコンビニなどのおかしコーナーにも置く事が出来るので、子供達の目に触れる機会が増えるのである。より多くの子供の心をキャッチする事が出来る抜け穴的戦略なのである。

賃貸マンションの付録(おまけ)

東京都・文京区にあるマンション。ここに住むとあるおまけが付いてくる為、今入居希望者が殺到している。それは『』。住むと漏れなく猫が付いてくる猫付きマンション。この猫付きマンションは世田谷区・中野区など計6箇所存在し1LDKで家賃は12万円から。これには何の意図があるのか代表の方に話を伺うと猫の保護活動をする中で、里親を探す新しい飼い主を探す為に、猫付きマンションを提案しているのだという。これは行く宛のない飼い主のいない猫を救う為のもの。更にこのシステムが評判になっている理由はマンションから出て行く時には猫を返却出来るというもの。ゆえに試しに一度猫を飼ってみたいという人にオススメの物件なのである。

家購入の付録(おまけ)

2013年10月千葉県の住宅販売業者がある豪華なおまけが付いた一戸建て住宅を販売。それは家を買うと10年間ハンバーグがタダで食べられる。実はこの家の販売業者がレストランを経営しており、そこで10年間ハンバーグを無料で食べられるとのこと。しかもハンバーグのおかわりは自由。一体どんな意図があるのが代表の方に話を聞くと家族が顔を合わせて食事をする機会が減っているので、家族で顔を合わせて食べてもらいたいという理由があった。家族団らんを重んじるオーナーがほぼ善意のみで付けたこのおまけ。既に問い合わせが殺到しているという。10年間も毎日ハンバーグ食えないという方も安心。毎日食べても飽きないように7種類のソースを用意している。よりどりみどりのハンバーグが生活がおくれる。ちなみに万が一離婚した場合は家に残った家族のみがハンバーグ生活をおくれる。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ